ガラスの種類について

窓のことを考える

ガラスの種類について

ガラスには、一枚だけの単板ガラスと複数枚の板ガラスを合わせた複層ガラスや合わせガラス等の機能ガラスがあります。

単板ガラスについて

単板ガラスは、複数枚の板ガラスで構成されている複層ガラスに対し、一枚の板ガラスの事を単板ガラスと言います。近年、複層ガラスが普及した為に一枚の板ガラスの事を単板ガラスと呼ぶようになりました。

単板ガラスには、フロートガラスと呼ばれる普通の透明ガラスや、目隠し効果があり表面がザラザラしている磨りガラス、同じく目隠し効果があり表面が凸凹している型板ガラス、ガラスが割れた時に飛散を防止し火災時には延焼を防ぐ事が出来る網入りガラスがあります。

詳細は、単板ガラスのページをご覧ください。

機能ガラス

機能ガラスとは様々な機能を持ったガラスの事です。複層ガラスや真空ガラス、強化ガラスや合わせガラス等が機能ガラスになります。

機能ガラスには、耐貫通性能に優れ防犯にも有効な防犯ガラスや、外の騒音を防ぐなど遮音性に優れた防犯ガラス、防火設備ガラスとも呼ばれ熱膨張率が低い為に高温に耐える事ができ、建築基準法等で定められた防火地域で導入される事が多い防火ガラス、遮熱性能・断熱性能に優れ省エネ効果が期待できるエコガラス等があります。

詳細は、機能ガラスのページをご覧ください。